あーるのあーだこーで。

コーデ週記と日々のこと。5歳児&2歳児の兄妹育児に奮闘中…!

「竜とそばかすの姫」見た。んー。

さて、久しぶりに映画館に行きました。いまは、一つ空けて予約するようになっていました。行ってみれば一列に一人くらいしかいなかったわけですが。

 

で、気になっていた「竜とそばかすの姫」見てきたんです。

 

音と色の洪水を浴びたーーーー!

という、、ところかな。IMAXで観てきましたが良かったです。歌聴いてきた…ってとこでしょうか。

f:id:rno670:20210731082143j:image

 



 

次はいいかな、細田監督?と思いながら何回見たんだろう。

予告編を見た時に圧倒されたものの、「あなたは誰?」のあなたはあいつなんだろうなぁ~。と思わせといて全然違った、というわけなんだけど。

 

ここから、細々ネタバレしますね。

あの唐突さだったら、まだしのぶくんの方が良かったわっ!

「美女と野獣をやりたかった」という監督のコメントは事前に知っていたのだけど、本当にそういうシーンをやっているだけで…必要性を感じなかった。何故急に好意が湧く?

観ながらずーっと、どうして、今こうなってるんだっけ?

ライブに侵入してきたのは、何でなんだろう(ベルに会いたかったから、ってことで良いのか?)

あの、ヒーローたちのビジュアルが安直過ぎない?

川で助けた女の子、Uの中で出会ったたりしても良かったのでは?

ヒロちゃんが、都合の良い説明キャラになり過ぎでは?(しかし、YOASOBIの子は上手に声をあてていた)

 

なんか、疑問がいっぱい。

 

仮想空間の自分を生きることで、現実の自分が変わる勇気を持つことが出来た。

それで、良いのかな。なんか、冷静になってしまって物語に入り込めなかったよ。

 

予告もIMAXだったので、よっぽどワイルドスピードの数分の予告の方が没入感ありました(って、ワイルドスピードに失礼?振り切ってるなぁ~と笑いそうでした)。

 

う~~ん、参ったね。何か別の映画見て更新したいなあ。

 

結局、時をかける少女、サマーウォーズまでかもしれない。

バケモノの子は未見。おおかみこども…は↓こう書いてましたねー。特段、機会がなければ見返すことはなさそうです。

映画『おおかみこどもの雨と雪』の感想。3度目はない…かも - あーるのあーだこーで。

未来のミライは酷評過ぎてハードルが下がったと言うのもあるけど、そこまでは悪くなかった。うん、結構楽しめたと書いてるな。

「未来のミライ」感想、意外と良かったです。tupera tuperaのデザインしたキャラも見どころ。 - あーるのあーだこーで。

 

 

ということで、久々に映画の感想でした。

観たけど書いてないもの、そのうちまとめてメモ程度にあげようと思います。

 

夏休みなので、春から延期したしんちゃんの新作も子どもと行きたいところです。