あーるのあーだこーで。

コーデ週記と日々のこと。5歳児&2歳児の兄妹育児に奮闘中…!

映画「マリッジストーリー」感想。ネットフリックスに入ったので…

こんばんは、あーるです。今日は「マリッジストーリー」の感想。

 

こちら、劇場公開もしてるんですがネットフリックスにて。基本的に映画は映画館で観たい人なのですが…しばらく行けそうもないし早く観たかったので(運良く、子どもらが一度も起きなかった)。

 

あらすじ

女優のニコール(スカーレット・ヨハンソン)と監督兼脚本家のチャーリー(アダム・ドライヴァー)は、かわいい息子がいる仲のいい家庭を築いていたが、夫婦の関係は少しずつ悪化していき、離婚を決める。円満な協議離婚を望んでいたが、ため込んできた相手への怒りを爆発させ、負けず嫌いの二人は離婚弁護士を雇って争う。

※シネマトゥデイより

 

感想

マリッジストーリーと言いつつ、離婚の話なんだけど。結婚ってなんなんだろう?と考えさせられてしまいました。

 

冒頭でお互いの良いところを書き出した手紙が出てくるのですが。

そんなによく分かってるなら離婚しなくてもどうにかやり直せるんじゃない?と思いきや離婚を穏便に進めるにあたってのプロセスのひとつで。「お互いの手紙を音読してみよう」と弁護士に促されるも妻のニコールは拒否…。

 

愛し合って結婚した筈なのに離婚へと向かう。引き金はあるにしても2人にしか分からないものが積み重なってどうにもならない。そうなったら、もう引き返せないのか?と思うと、自分に置き換えると少しばかり怖い気もする。

 

2人共弁護士を立てるのですが、ささいな出来事を都合良いようにストーリーを盛られちゃって。勝つためなら何でもありな弁護士のキャラの強さ(でも、実際にもあるのでしょうね、、)には恐れ入りました…!

結局、冷静になるために依頼したもののそれぞれの気持ちとは逸れていってしまう。2人で話し合おうと思い直すのですが。

 

実際顔を突き合わせて話してみれば、激しい言い争いになってしまうやるせなさ。

板挟みになる子どもの疲れた姿。(パパではなくてママがいいーのリアルな感じが可愛らしい)。

右往左往するニコールの家族(も、離婚経験者)の姿は…ちょっと笑えます。

 

感想からは少し逸れるのですが、ネットフリックスの設定が上手くいかなくてスマホで観たのです。あんな小さな画面ではねー…と思っているのですが、すごく引き込まれて。主に会話劇だったからだと思います。アクション映画をスマホで見ても楽しくないと思うけど、なんとか観られちゃった。(その後テレビで見られるようになったので、今後はやらないかな…)

 

何もない殺風景な部屋で、思いをぶちまけるシーンの切なさ。

バカだね…と泣き笑いしたくなるナイフのくだり。

 

分かり合えてたのに…ということを改めて感じさせる再びの手紙のシーンがまた切ないです。

 

と、完全に傍観者となってますが我が家はは大丈夫かなぁ?なんて。

結婚するまでの盛り上がりからすると大分平熱な日々。色々と適当になってる部分があるかもしれない自分を省みてる今です。